2007年1月18日 (木)

うっとりスゥイーツの数々

今日は仕事が終わって子供のお迎え。

Sachiko先生とも一緒になって、そのまんまお誘いのお言葉に甘えて、お邪魔してしまいました~!

今日Sachiko先生は月に1回のエコールクリオロというところでのケーキレッスンの日。毎月あのサントス先生のもとで本格的、超すごいケーキ(安直な表現~(T-T))を習っていらっしゃるのです~!そして、そのレッスンで作ったものをお持ち帰りされて、今日もまたごちそうになってしまいました~!

今日はバレンタインレッスンということで、チョコレート!Dsc06236

奥に見えているのが、そのチョコレートです!シンプルだけど、美しいフォルム!そして、中にはなんとカルーアミルクが入っているボンボンなのです~!お酒が苦手な私はウイスキーボンボンは食べられないのですが、カルーアミルクならなんておいしく、しかもマッチしているんでしょーー!

チョコレートでこれだけ感動できる自分もすごいと思いました!

そして、手前にも目を引くおいしそうなケーキが・・・。こちらはSachiko先生の来月の応用コースの試作品。ミルフィーユです!試作段階なので・・・と遠慮気味に出されましたが、いやはやおいしくないわけがないのです~。パイもサクサクしていて、なんといってもクリームパティシエール(カスタードクリーム)の美味なこと!

ミルフィーユって食べるのが少々大変ではありますが、女性も、男性も好きなケーキですよね!来月はまたこのパイ生地と格闘か・・・(^-^; と思いつつもとっても楽しみです~!

さて、今日はこれだけではありませんのです~!

Dsc06234_2 こちら、一見普通のイチゴのケーキ?などと思うことなかれ。これもSachiko先生がそのクリオロで買っていらっしゃったチーズケーキ。あの”バリバリバリュー ”の番組企画で作られたその名も”セレブのチーズケーキ”!15センチのホールでなんと5000円もする高級ケーキなのです!

そして頂いてみると、ムムーー!?これはやはり普通のチーズケーキではないな!どう考えても高級そうな、なにか普通ではないチーズが使われている!・・・・。(^-^; わかりにくく、また想像のレベルが低くてすみません。でも、本当にそんな感じで、その材料を心底知りたくなるようなチーズケーキなのです。とってもやわらかくトロける口どけ。でも、チーズのインパクトが強くて個性的!まさに”セレブ”のケーキですぅ~。

こんなにおいしいスウィーツの数々を惜しげもなくご紹介くださるSachiko先生に感謝~。しかも、子供もSachiko先生のところの1才年上のイケメンお兄ちゃんと遊んでもらって、親子で幸せ~。(トロ~~リ)

ご馳走様でした~。

| | コメント (2)

2006年12月26日 (火)

つやつやグラサージュ

Dsc06050

今年最後のSalon du Gateauでのお菓子レッスンでした!

今日はかなり手ごわいレッスンになりそう~!

だって、メインの主役はチョコレート!

温度との戦いです~!

そのケーキとはこちら!

Dsc06047

”ショコラ”です!

まるで本当にパリかウィーンののケーキ屋さんに並んでいるかのような

おしゃれなチョコレートケーキ!

そして写真ではなかなかわかりにくいこのツヤツヤ感!鏡のように光っています!

グラサージュと言って、ゼラチンの入ったチョコレートをコーティーングしてあります。

このコーティーングの温度とタイミングが超難関!

もちろん今日はSachiko先生にお任せしてしまいました~!

その他にもムースを作る工程でのチョコレートの温度管理も

超微妙~!

温度計なしではとてもじゃないけど作れそうにありません。

また温度計注文しなきゃ・・・。(^-^;

そしてお味は・・・。

かなりほろ苦いチョコレートがまたいい~!

濃厚なチョコレートムースはとろけるベルギーの生チョコかなんかを

食べているようです。

どこに出しても恥ずかしくない本格的なお味でした!

(変な形容かな・・・?)

そして、もう1品は”ポルボローネ”。

(崩れやすいという意味)

Dsc06046

これがまた見た目にすっきりしていて、

かわいくておしゃれ~!

直径4センチほどのクッキーですが、食感がかなり特徴的です。

小麦粉をあらかじめ焼いておくと言う珍しい作り方。

そしてまるできな粉の固まりか和菓子のらくがんのような舌触りで

食べたことのない味わい。

ほろほろと崩れやすく、口の中では溶けていきます。

そのために口に含んで溶けるまでの間に”ポルボローネ”と3回唱えることが出来たら願いが叶うといわれているんですって!

また珍しくておいしい簡単お菓子を知りました。

今年最後を飾るにふさわしい、手ごわくそして楽しいレッスンとなりました。

クリスマスにブッシュマロンで燃え尽きていましたが

またやる気モードにエンジンかかりました~!

| | コメント (2)

2006年12月11日 (月)

体調↑

マイペースで更新しよう!とはじめた今回のブログ。

かなりマイペースです・・・。

週末は平日より忙しい主婦・・・。

パソコン開ける暇もなく、その上風邪も長引いてしまいました。

月曜日。なんだかいつものペースにもどって、体調もやや↑。

お天気も良く、風も穏やか・・・。となれば

いよいよお花のお手入れです。

ここしばらく放って置いたので、夏の日日草がまだ植わったまま。

”遅くなってごめんね!”とようやく引き抜いてあげました。

そして、冬のお花をあれこれ寄せ植え。

Dsc05934

これで玄関前も少しはクリスマスっぽくなったかな?

思いつきの寄せ植えなので、センスもなにもあったもんじゃありません。

ただひたすら”手入れが楽”な花ばかり選びました!

そして、明日は娘のクラスのママたちとの親睦会の後、

お友達のおうちにお邪魔するので、その手土産を作ることに・・・。

”セルクル”も買ったし、やらねば!

ということで、作ったのはこちら!

”ガレット・ブルトンヌ”!

Dsc05938

Sachiko先生!ね!ね!頑張ってるでしょ!(*^_^*)

もうほとんどSachiko先生への個人的報告です!

ただ、先生は見抜いてしまったかな・・・?

ドリュールした部分より、生地が少しはみ出していると思いませんか?

そう!型を抜いたセルクルはほんの数ミリ小さかったんです!

(自分がもともと持っていたセルクルで型を抜いていました)

新しく購入した”セルクル”のちょっと大きい分、ドリュールから

周りがはみ出して焼けてしまったわけです~!

これ、Sachiko先生以外、読んでる人は意味不明でしょうね!

(*^_^*)!

しかもSachiko先生、このブログへの書き込みが出来ないため

なんともコメントしようがない・・・(^-^;

かなりわけのわからない独り言になっております!

あしからず・・・。

でも、味は大成功

塩とバターの風味が効いていて、おいしすぎる!!

べたつきで少々苦労しましたが、

娘との共同作業で、なんとか完成!

プレゼント用にラッピングも頑張りました!

Dsc05939

”ナチュラルキッチン”でゲットした、可愛い手提げのカゴに入れて・・・。

”ガレットブルトンヌ”!

味もおいしいけど、作る工程がとっても楽しいお菓子です。

| | コメント (2)

2006年11月29日 (水)

興奮のクリスマスレッスン

昨日はSalon du Gateauでのお菓子教室。

今月はクリスマスレッスンです~!

もう何日も前からワクワクしていて、レッスンの前に型を注文するという

前代未聞の事態!

気合の入れようがお分かりいただけると思います。

さあ、その内容とはこちら!

”じゃーん”とまずはテーブルセッティングから!

Dsc05835

どんなに素敵なティーサロンにも劣らない、このゴージャスなテーブル!

本日のメインは”ブッシュマロン”です!

真ん中が試食用にデコレーションされたもの。

左の3つが、レッスンを受けた我々個々のデコレーション!

一番右は、”スノーボウル”です。

私がデコレーションしたブッシュマロンはこちら!

Dsc05836

半円形の型で固めたマロンムースの中には、さらに”クレームバニーユ”というバニラ味のムース。一番下にはココアのビスキュイ

トッピングはモンブランでおなじみのマロンクリームにクレームシャンテ。

側面とトップにはフロランタンを大胆に割ってくっつけました。

もちろん、このフロランタンも手作り。

どうです~!この工程、すごい手が込んでいるでしょーー!

そしてトップのマロンの渋皮煮。なんだかキラキラしてませんか?

こちら出ました!必殺”金粉スプレー”でお化粧!

Dsc05830

ある意味、この場面が一番盛り上がりました!(*^_^*)。

そして、本日早速富沢で購入しました~!

自分でも驚くこの早業!

金粉スプレー最後の1個でした。

Dsc05849でも買っただけではダメですよね!

ちゃんと作らなければ・・・。

でも、これはこのブッシュマロンのほかにもチョコレートケーキとかにも使えるし、しかも仕上がりかなりプロっぽい!見栄え抜群です!

すごいものがあるんですね~!

さて、本題のブッシュマロン。

このケーキはほとんどがムースで出来ているので、

口に入れたと単にとろけます!

ナイフで切っている端からとろけていきそうな感じ!

マロンとラム酒の風味がとても生きていて、見た目もちょっとシックな大人向け。

Dsc05837 本格的でおいしくて、とにかく感動のケーキでした!

材料もかなり細かく、かなり神経を使う工程なので

”気軽に・・・”とはいきませんが、クリスマスぐらいは頑張って作りたいです!

金粉も渋皮煮も買ったし、作るしかない・・・。(^-^;

Dsc05832 そして、もうひとつのスノーボール

こちらはとっても簡単で、しかも冬にぴったりのクッキー!

サクサクしていて、その後溶けていくような食感もたまりません。

真ん丸くて、かわいい形に子供たちもついつい手が出てしまう・・、そんなお菓子です!

プレゼントにもいいですよ~!

とにかく、毎月楽しいケーキレッスン。

応用コースに入って、さらにグレードアップしているので、興奮度もアップしています!

あまりにおいしくて試食の時間はみんなもう声にならないのが毎回面白いです~!

| | コメント (2)

2006年11月17日 (金)

ボジョレー&クリスマスケーキ

昨日はボジョレーの解禁日でした!

Dsc05729_3 こちらは夫が駅前のカルディで買ってきたもの。

シーズンイベントにはめっぽう疎い人なのですが・・・。^^

さて、ソムリエの資格を持つ某航空会社のCAをしているお友達から、仕事を通じてボジョレー講義を受けることが出来ました!

寝かせれば寝かすほど深みがでるボルドーなどとは違って、フレッシュを楽しむボジョレー。

今年のボジョレーは去年同様、すごくいい出来だそうです!

そして最近出始めた”有機栽培のボジョレー”もなかなかのものらしいです。

テイスティングさせてもらって、すっかりいい気分になってしまいました!

そして、昨日は他にも優雅なひと時が!

あの”エコールクリオロ”で毎月1回ケーキのレッスンを受けていらっしゃる

Sachiko先生。昨日はクリスマスレッスンで、とっても素敵なケーキを作ったんですって!

そして、お茶のお誘い!

キャーーッ!うれしすぎる!

そのケーキがこちら!じゃーん!

Dsc05726

見るからにクリーミーなこのムースのケーキ!

シンプルだけど、ホワイトクリスマスを連想させる、

ナチュラル感あふれる上品なイメージ!

断面はこちら!

Dsc05727 ダコワーズ生地をベースにして、チーズムースの間には、キャラメル味のりんごがサンドされているのです!

こういう感じのクリスマスケーキは初めて!

甘さもぐっと控えめで、キャラメルのほろ苦さが

大人の味わいで、とってもおいしい!

おいしすぎるっ!

感動のケーキでした!

Sachiko先生!ありがとう!

このケーキもいつかSalon du Gateauで習いたいなーーー!

| | コメント (4)

2006年11月 1日 (水)

ブランマンジェ

11月1日本日は幼稚園お休みのところが多かったことでしょう。

願書受付・・・。去年を思い出します!

(並んでませんが・・・)

さて、そういうわけで同じクラスのママが自宅マンションの

パーティースペースでカレーパーティーを開いてくれました!

10組の親子が集まって、大賑わい!

そして、このパーティースペースがとっても素敵なのです!

まるで軽井沢のリゾートホテルのようでした!

子供たちも明るい室内でのびのび遊びたい放題!

とっても楽しそうでした~!

プライバシーの都合上、その映像を載せられないのが残念・・・。

カレーはとっても家庭的で、みんなでご飯を持ち寄ると言う

まるでキャンプのような楽しい内容!

でも肝心のカレーを撮り忘れ・・・。あぁ・・・。

自分のデザートはしっかり家で撮影済みだったので、

こちらを・・・。

Dsc05609

Sachiko先生のところで習ったブランマンジェです~!

ところが!昨夜いざ作ろうと言うときに「アマレットがない・・・」

そこでSachiko先生にメール。

「アマレットではなくラム酒でブランマンジェってどうですか?」

「それじゃあブランマンジェとは言えませ~ん!」

ということで、急遽Sachiko先生のところにアマレットを頂きに!

助かりました~!(Sachiko先生、ありがとうございました~!)

近所でよかった・・・。(しつこい)

そして、お教室ではアングレーズソースで頂きましたが、

今回はIzumi先生から頂いた、”ブルーベリージャム”をトッピング!

まさに、Sachiko先生といずみ先生のコラボレーションです!

(勝手ながら・・・)

さて、昨日のかぼちゃプリンのかぼちゃがまだ少し余っていたので

今夜はかぼちゃスープを作りました!

Dsc05626

ちょっと生クリームがにじんじゃって汚く・・・。

撮影は素早くなくちゃ!!

ジャガイモも少し入れて、栄養もたっぷりだし、

はぁ~、こういうスープ、なんかホッとするなぁ。

| | コメント (2)

2006年10月31日 (火)

ハロウィン

HAPPY HALLOWEEN!(というのか?)

Dsc05604

今日はやっぱりかぼちゃかな?ということで

かぼちゃのお菓子の中では一番好きな

”かぼちゃのプリン”を娘と一緒に作りました!

(厳密に言うと、作ったのは昨日)

レシピはもちろん、by Salon du Gateau

夏ごろに、九州の主人の実家から送ってもらった

大きなかぼちゃにいよいよ入刀!

中は鮮やかなオレンジで、果物でいうと”熟れてる~”

半年もキッチンにおきっぱなしにしていたのに、

かぼちゃって本当にもちがいいのね!

きっとおいしいかぼちゃプリンが出来るわ~!とウキウキ!

ところが途中娘がせっかくペーストにしたかぼちゃを面白がって混ぜているうちに

私のエプロンにべちゃ!

「コッッッラー!」(巻き舌)

私の逆鱗に触れ、楽しいはずのプリン作りが、途中から不穏なムードに。

しかもオーブンに入れて間もなく、「生クリーム入れ忘れた!」

慌てて出して、生クリームを混ぜるというハプニングも有り!

そのせいか、少し固まりにくく、時間もレシピよりちょっと長めに焼いたので

逆に上のほう少し固まりすぎたかな・・・?

あ~~、やっぱり怒りながら作るとダメね~。

でも、今日は幼稚園から帰ってきて、3時のおやつに

おいしく食べました!

| | コメント (2)

2006年10月24日 (火)

魅惑の・・・

今日からSalon du Gateauのレッスンも応用コース突にゅーです!

メニューはなんと”ティラミス””ガレット・ブルトンヌ”。

Dsc05556 

まずティラミス!

ちょっとスタイリッシュに!ちょっとフォーマルな感じの仕上がり!

美しい~!

今まで自己流で何度か作ったことはあれど、

これほどまでに完成された、おいしいティラミスに出会ったのは

初めてかも!!!

コーヒーシロップとマスカルポーネチーズクリームのバランスが

絶妙~。すばらしかったです。

Dsc05555

そして、もう1品、予想以上の感動があったのは

”ガレット・ブルトンヌ”

正直、一見普通のサブレかな?程度の期待だったこのお菓子。

作っていくうちに「これは・・・!」という手ごたえに!

Dsc05550 バターとアーモンドパウダーがたっぷり入った生地を

サブラージュ”しているところ。

←これは美しいSachiko先生のマジックハンド。

1センチの厚さに伸ばした生地を型で抜いて、ドリゥールという照り玉をした後に

フォークで模様をつけていきます!

この段階で、もう私たちは大興奮!

「素敵~!これ絶対作りたい!」

これはおそらく作った人じゃないと、「なんでそんなに感動するか?」と不思議になるでしょう(笑)。

焼きあがるとこんな感じ。

Dsc05553

美し~い!

このフォークの模様に感動!ってわかりますか~?

こういうの、売ってますよね!

お味は、すごくコクがあってまるでパルメザンチーズがたっぷり入った

クッキーのようなのです。

はぁ~。

今日は”ティラミス”にもこの”ガレット”にもすっかりヤラれてしまった

(Sachiko先生風にいうと”ノックアウトされた)

のでした。

| | コメント (4)

2006年10月 5日 (木)

ハロウィン トリュフ

Dsc05430_1

10月に入ると”ハロウィンムード”が盛り上がってきます。

デパートでもオレンジと黒があちらこちらに・・・。

今日はSalon du Gateauの先生から、こんなにかわいいくラッピングされた

トリュフをおすそ分けしていただきました!うれしぃ~!

Dsc05431_1

手作りトリュフってとーってもなめらかで

本当においしいのです!

娘と仲良く2個ずつ頂きました!

(というか、2個取られた感が・・・)

それにしても、どんなお菓子もラッピングによって

素敵なシーズンプレゼントになるんですね!

お菓子って、そのもの自体の出来上がりが完成!ではなく

お皿への盛り付けやラッピングを施されて

初めて完成と言えるのではなかろうか・・・!

と改めて思うのでありました。

え?当たり前?

そこんとこ、もうちょっと勉強しなきゃ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

紅茶のブリュレ

Dsc05423 風邪はいっこうに良くならず・・・。

でも、何かおいしいもの食べたいな~。

冷蔵庫には生クリームもあるし・・・。

「デザートでも作る?」

娘「作る!作る!」

そこで、Salon du Gateauで習った

”紅茶のブリュレ”を作ることにしました。

卵黄とお砂糖をすり混ぜるのは娘の仕事。

そこへ私が”アールグレー”味の牛乳と生クリームを注いでいきます。

最近は娘もちょっとした助手になるので重宝します。

仕上げは満を持して”バーナー”の登場!

表面にグラニュー糖を散らして、バーナーで「ジュワジュワ!」

娘と二人でキャーキャーいいながらこの作業も無事終了。

紅茶のブリュレ、とってもなめらかで”アールグレー”の味が

上品に広がって、大好きな1品なのです。

今日はまずまずの出来でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)